Operation restrictions

Currently, there are several closures.

More

戻る

聖イジー教会

Tours for visitors A B

バシリカ式の聖イジー教会は、プラハ城内第二の教会として設立されたものです。920年頃、ヴラチスラフ一世により創設された当時の建築要素のうち現存しているのは、土台部分のみです。教会はその後、973年、付属修道院が創設されたときに、拡張、改築されました。

聖イジー教会

主後陣と二つの塔を持つ、現在のロマネスク式の外観は、1142年、大火災後の修築の結果得られたものです。13世紀前半には、これに聖ルドミラ礼拝堂、そして西側の柱廊式玄関が追加され、また初期バロック時代には、今日の非常に印象的なファサードが完成し、修道院が全体的に改築されました。更に18世紀初頭になると、建築家F.M.カニュカにより、バロック式のヤン・ネポムツキー礼拝堂が加えられました。18世紀末、修道院が兵舎として使用され、すっかり荒廃してしまった後、教会は1887年~1908年に建築家F.マフの設計に基づき、ロマネスク式に修復されます。1969年~75年には修道院も修復、改築され、国立美術館チェコ古美術展示会場に生まれ変わりました。現在修道院の建物は、短期の非常設展示会場として使用されています。

聖イジー教会の内部は、ロマネスク式で厳格、そして堂々たる雰囲気を持ちます。身廊には聖ヴァーツラフの父、ヴラチスラフ一世を含むプシェミスル王朝に属する人々の墓が置かれています。

開放・営業時間 | 入場料

フォトギャラリー

Bazilika sv. Jiří: kaple sv. Ludmily
Bazilika sv. Jiří: celkový pohled
Bazilika sv. Jiří: interiér
Bazilika sv. Jiří: Brigita
Bazilika sv. Jiří: kaple sv. Ludmily

配置

城内マップ